【加古川・ヘアカラー】ハイライト×グラデーション!派手すぎないブルーグレージュ

コウダミツキ
どうも、加古川駅前の美容師コウダです。

ナチュラルグラデーションのブルーグレージュカラー

ハイライトとグラデーションで出来る派手すぎないブルーグレージュカラーの仕上がりです。

程よい透け感とグレージュ感、ナチュラルなグラデーションベースで赤みの無いのが魅力的な感じに。。!

ハイライトとグラデーションカラーは相性バツグン

個人的なカラーに対する考え方なのですが、グラデーションカラーとハイライトは組み合わせると、かなり相性が良いです。

ブリーチ系のカラーってやっぱり、1回のカラーで出せない色のクオリティが魅力ですよね。

そして、ハイライトとグラデーション。

この2つを合わせてブリーチのベースをつくると、圧倒的にカラーのクオリティが高まります。

例えばコチラ。

グラデーションベースのカラーで、根元が伸びていて全体的に見ると3分の2回くらいが、ほぼ黒髪に見えます。

ナチュラルで目立ちにくいと言えばメリットなのですが、カラーの暗い部分が多くなっているので、スタイルが重たく見えやすいです。


こちらのスタイルはトップ表面にハイライトが入っているのでグラデーションベースなのですが、全体的に見ても雰囲気は明るめに見えます。

【加古川・ヘアカラー】透明感ある「シルバーグレージュカラー」のつくり方
イルミナカラー、アディクシーカラー、グラデーションと赤みの抑えた透明感あるカラーを得意としています。 透明感あるシルバーグレージュカラー という透け感ばっちりのカラーをさせて頂きました。 ベースはグラデーションカラーなので。。。 まずはブリーチを使って土台をつくっていきます。 ここから このように土台をつくります。 グラデーションカラーのポイント このグラデーションは、少しブリーチ塗布にポイントがあったりします。 普通のグラデーションカラーと違っていて ・「境い目がはっきりしすぎない」 ・「色落ちしても透け感ばっちり」 という特徴がある仕上がりになります。 ここから「シルバーグレージュカラー」に 染めていきます。 また染める際、ここにもちょっとしたポイントが。 それは。。。 「根本」「中間」「毛先」と、それぞれ薬剤を使い分けて塗ること。 シンプルな工夫ポイントですが、するのとしないのとでは、やはり仕上がりに差がでます。 そして仕上がりです。。。! 透明感のある「シルバーグレージュカラー」に仕上がりました!! 光が当たると、かーなりの透け感がでます。。。! 根元から中間にかけては「オレンジ味」が消えるように。 毛先は黄色っぽさが出ないように薬剤を選定しています。 ベースが大切 このようなキレイなカラーをするには、やはり「ベース」がとても大切になってきます。 仕上がりは勿論、時間が経ってもキレイで過ごせるようにするには やはりベースの作り方に大きく左右されるなと思っています。 実は控えめな雰囲気 だったりします。 「グラデーションカラー」というのは根本と毛先でカラーが分かれているデザインです。 ブリーチしているので派手な雰囲気かと思いきや、毛先の透明感がメインのカラーなので全体像で見た時は、やり過ぎた感はありません。 ですから、ばっちりイメチェン気分になりながらも、違和感ないおしゃれな雰囲気に。

なりたいイメージに合わせたメニューの選び方

ベーシックなグラデーションカラー

  • 根元~中間が暗め、毛先が明るめなので比較的派手すぎない明るさに見える。
  • ダメージが出るのが毛先だけなので、ヘアケアは毛先集中のみでOK
  • 飽きたら毛先をばっさりカットでダメージリセットできる

ハイライト×グラデーションカラー

  • 暗く見えがちな根元~中間がハイライトで明るく馴染むので、全体的に明るめに見える。
  • 全頭ブリーチよりもダメージが半分程度(さわった実感)になる
  • くくったり巻いたりしてもカラーのコントラスト効果でオシャレに見える

どちらも最近はブリーチを使ってスタイルをつくるメニューですが、それぞれ特徴がこの様に違っています。

なので、いつもと違ったカラーにしたい場合は、特徴を知ってこんな所も参考にしてもらえたらイメージしやすいと思いますよ٩( ‘ω’ )و

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

甲田 光樹 | 【Libett】兵庫県加古川市の美容師 1993年生まれ 日本でのウェーブスタイリング発祥の地 日本高等美容専門学校卒 神戸有名店を経て現在 ヘアカラー ヘアアレンジのスペシャリスト(願望)として日々、色彩と可愛いを探究中 Rainbow father